会員交流会「初夏の尾張・名古屋を訪ねて」(2017.6.24)報告


「会員交流会~初夏の尾張・名古屋を訪ねて~」に参加して

今回、高校2年生のクラスメイト女子6名と共に、初めて参加させていただきました。旧友たちとの再会に加え、普段あまり足を運ぶことのない名古屋への旅とあって、とても楽しみにしていました。
当日は、『ノリタケの森』、『徳川美術館』、『トヨタ産業技術記念館』を見学させていただきました。どれも初めて訪れる場所で、それぞれの展示品を興味深く見て回りました。特に心に残っているのが、近年、工場見学の中でも人気急上昇となっている『トヨタ産業技術記念館』です。トヨタと言えば、真っ先に浮かぶのが自動車ですが、前身は自動織機だということを今回初めて知りました。場内ではオペレーターによる実演や映像、ボタン操作など、トヨタの技術を手と目と耳で楽しむことができ、時間が足りないくらいでした。友と一緒にたいへん充実した楽しい一日を過ごすことができました。
このような企画をしてくださった膳所高等学校同窓会事務局の皆様に感謝いたします。また機会があればぜひ参加したいと思います。ありがとうございました。
(昭和57年卒 大橋佳寿代)