初夏の会員交流会(2016.6.25)報告


初夏の会員交流会「戦後70年滋賀県平和祈念館」を訪ねて(事業報告)

~素敵な出会いと学びの場~

イタリアから十数年ぶりに長期帰国した昨年、春の同窓会総会に参加しました。その折、ふと目にした初夏の会員交流会の案内――魅力的な行程でその場で行くと決めました。交流会の参加者は総勢33名。バスで渡された名簿を見て「同級生が多いなー」と思っていたら卒業年度との勘違いで、私は一番年下でした。滋賀県平和祈念館では、説明を受けながら、赤紙や千人針の実物を見ました。場所を移して近江八幡の休暇村で美しい景色を背景にお弁当。言葉を交わした先輩方のお心遣いに心の緊張が一瞬でほぐれ、生まれて初めての水郷めぐりへ。穏やかな梅雨空の下、船頭さんの櫂(かい)さばきと話術に導かれ、ゆったりとした別世界でのひととき。その後、バームクーヘンがおいしい大自然に育まれた「ラ コリーナ」へ。自然発生的に集ったメンバーは船に乗ったときのグループと同じ。お菓子とコーヒーを堪能し大津へ。途中下車された最高齢の昭和16年卒の大先輩をバスからお見送りしました。世代を超えた素敵な出会いに感謝しています。

(昭和63年卒 増井 詠子)