校歌

kouka

膳所中学校校歌

園   頼 三 作詞
永 井 幸 次 作曲

一、春駘蕩の琵琶の湖    霞渡るをうらゝけき
陽は爽やかに輝きぬ   その光うけ展け行く
我が人生の朝ぼらけ   げに明るくも朗らかに
見よや希望の白帆影   平和のかもめ空に舞ふ

二、比良や比叡の峰の色   秀麗の景つくりなす
琵琶湖は吾等の友なれや 鉄腕撫して漕ぎ廻り
消遙の杖此処にひく   実に透徹と清澄の
深くたゝゆるその姿   智者仁人の心ぞや

三、挙世浮薄に流るゝも   郷土質実の風をうけ
立つ学園の雄々しさよ  心堅実かくてこそ
天然の美も匂ふべし   あゝ青春の五星霜
この学窓に托せしは   まこと吾等の誇りぞや

 

膳所中学校校歌

山 田 有 功 作詞
寺 村 周太郎 作曲

一、草生す城は墟古れど
由緒たふとし「遵義」堂
いくその星は移るとも
先覚、範の徴けく
いま斯の道に継ぎ立てば
男の児の衿新なり

二、学びの園に春されば
昔ながらの山桜
挿頭す徽章も輝かに
「至誠」の訓ささげもち
日にけに磨く若人の
日本精神を君見ずや

三、嵐に暮れて雪に明け
ゆるがぬ永遠の大比叡
白銀映ゆる象にぞ
「自主」の教を仰ぎつつ
雄叫び登る七百の
(一千)
石鹿健児意気高し

四、ああ青雲も向伏して
秋澄み渡る琵琶の水
流れは出でて絶間なみ
果て遙かなる和田津海へ
帆綱手繰れば「力行」の
わが朝発幸多し

 

大津高等学校校歌

山 本 温 子 作詞
片 岡 晴太郎 作曲

一、比良の嶺に雲はいゆきて
鳰の湖たゆたふ畔
若人はここに集ひぬ
輝ける大津高校

二、智の泉真理の岡は
はるかなりいざ共にこそ
ひたぶるに道を求めて
のびゆかん大津高校

三、小波の志賀の都に
咲き匂ふ文化の園生
とこしへに香ぞ高き
光あれ大津高校

 

大津東高等学校校歌

山 本 温 子 作詞
片 岡 晴太郎 作曲

一、比良の嶺に雲はいゆきて
鳰の湖たゆたふ畔
若人はここに集ひぬ
輝ける大津東高校

二、智の泉真理の岡は
はるかなりいざ共にこそ
ひたぶるに道を求めて
のびゆかん大津東高校

三、小波の志賀の都に
咲き匂ふ文化の園生
とこしへに香ぞ高き
光あれ大津東高校

 

膳所高等学校校歌

校歌作成委員会 作詞 作曲

一、滉瀁の湖 日に映えて
霊峰青し 比良比叡
遙けく高き 白雲に
聳えて立てる 学び舎は
われらが永久の 故郷ぞ

二、遵義の桜 咲く庭に
いざや鍛へむ わが力
石鹿城址 松籟の
響かふ窓に 書よみて
ともに啓かむ わが智徳

三、良友ここに 盟ひては
久遠の理想 失はじ
星霜三たび 刻苦して
不壊の操の いや固く
古人の功業 継ぎゆかむ